×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

fp(ファイナンシャル・プランナー)試験 対策

FP(ファイナンシャル・プランナー)の試験は、きんざいと協会が運営しており、FP技能士とAFPという資格が同時に取れる試験なのです。FP(ファイナンシャル・プランナー)の勉強は、金融全般を含んでいるので、いろいろな使い方ができる資格なのです。

fp(ファイナンシャル・プランナー)試験 対策

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格を取りませんか?

FP(ファイナンシャル・プランナー)の試験は、

保険関係はもちろん、不動産、投資関係の仕事でも、

使うことが出来る資格なのです。

FP(ファイナンシャル・プランナー)の試験の変わったところは、

個人の生活資金にまつわることを勉強するため範囲が広く、

その分、FP(ファイナンシャル・プランナー)の試験を勉強すると、

普通では、あまりかかわらない、保険から不動産、金融商品まで、

どのようなものかを勉強することが出来き、

その勉強を使って、自分の資産の運用について考えられるように

なれるのです。

その反面、難しさの割りにFP(ファイナンシャル・プランナー)の

資格だけでは、独立することが難しいいのです。

このことをFP(ファイナンシャル・プランナー)の試験を

勉強している受験者は知らないことが多いのです。

また、AFPの試験は民間資格であり、この資格を有するためには、

2年に一度、協会から送られてくる本代1万2000円ほどいりますし、

継続教育の受験料も2ヶ月に一回支払わないといけないのです。

私も、FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格が、

こんなに維持費がかかるとは思っていませんでしたが、

このぐらいの費用は、毎月の本代に比べやすいものであり、

協会から送られてくる本のないよう自信が、

私の興味のある分野なのでそう気にならならないのですが、

そうでない友人たちは、この費用はかなり厳しいようなのです。

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格を取ろうと、

考えている受験者は、このことを覚えておいてください。